谷津整骨院はクリニックとの連携により最適な治療をご案内出来ます

腰痛

  1. ホーム
  2. 腰痛
2020.01.20

ギックリ腰と踵の痛みがある50代女性

こんにちは!
BCL谷津整骨院の橋本です。

今回はギックリ腰と踵に痛みがある50代女性の患者様の施術記録です。


12月の土曜日に来院された患者様です。
寒くなってきて寒暖差が大きくなる頃に急性腰痛(ギックリ腰)の患者様は多くなります。寒さに身体が慣れていない事も関係しますね。
50代女性Sさんもその内の一人です。
販売のお仕事をされていて立っている事が多く、かがんだり、まれに重い物を持つこともあるとの事でした。

その日は朝から腰に違和感を感じていましたが、いつも通り仕事に行って仕事をしていたとの事でした。
きっかけは、しゃがんだ姿勢から後ろの物を取ろうと捻りながら立ち上がったことです。本人は大した動作とは思わなかったのですが、急にひどく痛くなったとの事でした。(よくあるパターンです)

症状は歩ける程度でしたが仕事は出来ないような状態で、その日に予約の電話をいただき、次の日に来院されました。

来院当日は昨日と症状は変わっておらず、屈曲動作(物を拾う動作)は全く出来ず、歩く事も腰に手を当てていないと歩けない状態でした。
踵の痛みは歩くと痛い症状が昔からあり、良くなったり、ひどくなったりの繰り返しとの事で今回はちょっと痛い程度で腰の治療のついでにみて欲しいとの事でした。

施術内容は腰に関して、
まず立った状態で痛み方や、痛い場所を確認しました。
その後横向きに寝てもらい、側腹部と臀部を触り、痛みを訴える場所(圧痛点)を探しました。
圧痛点を側腹部、臀部両方に見つけ軽く圧迫しました。
この際結構な痛みがある場合があるのですが、深呼吸をしてもらいながら、押しても痛くならなくなるまでゆっくり丁寧に押していきます。
(痛みが強く圧痛点がはっきりしている方が治りやすいです)
その後仰向けで腹部のポイントを軽く押し、股関節の運動を行いました。
時間は全部で30分程度です。

その間、踵にはES-5000という治療器で30分間電気治療を行いました。
腰の施術中に同時に出来るので踵もしっかり治療できました。

ギックリ腰は横向きと仰向けの施術を行っただけで、物を拾う動作が出来るようになり、歩行も腰に手を当てずに歩けるようになりました。
明日仕事に行けそう!との事でその日の施術は終了しました。

その後(月)と(金)の2回の通院で症状が良くなり、卒業となりました。
踵の痛みも電気治療のおかげでほとんど痛みを感じる事が無くなったとの事でした。


ギックリ腰になってしまっても適切な対処が出来れば、痛みは確実に治ります!
それとともに普段からギックリ腰にならないようにする事も大事です。

津田沼、谷津、船橋地域で腰痛、ギックリ腰、等に悩んでいる方は
Body Care Lab谷津整骨院にお任せください!!
2019.11.22

腰痛予防・改善ストレッチ!

 

こんにちは、こんばんは、お疲れ様です!

BCL谷津整骨院小林です(*’▽’)

千葉県の習志野市谷津で国道14号沿いにある整骨院で、

金曜日の施術担当をしています(^▽^)/

私事ですがこの間娘が3歳になりまして七五三をしてきました!
時がたつのは早いものですね(゜-゜)
抱っこするのも一苦労で腰が痛くなります(笑)
 

さて今回は日本人の多くが悩まされている腰痛についてお話していきます!

 

皆さんは知っているでしょうか?

全国で腰痛患者は約2800万人!

日本人の約4人に1人は腰痛を持っているんですΣ(゚Д゚)

実は諸外国と比べても断トツの腰痛大国なんです…

このことからも腰痛は今や社会問題としても扱われています。

 

そもそも腰痛って?

最近はTVでも健康番組が増えて、いろんな病名を聞く機会が多くなったと思います。

腰椎椎間板症
腰痛椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症

腰椎すべり症、分離症

などなど様々な病名があります。

 

しかし多くの腰痛を訴える患者さんの実に85%は「非特異的腰痛」と呼ばれる画像診断などでは原因が分からない腰痛になりますΣ(゚Д゚)

人によってお仕事や不良姿勢、心理的ストレス、身体のクセ、生活リズムなど原因が多岐にわたる為、痛みの原因を簡単には特定できないとされています。

病院に行って「年のせい」「加齢ですね」なんて言われた経験あるんじゃないでしょうか?

確かに年齢による身体機能の低下は原因の一つにはなります。
しかしそれだけでは症状は出にくいです。
自分と同じ年の人が全員自分と同じ症状が出てますか?
元気に運動している人だって数多くいるはずです
一人一人の生活スタイルやクセそういったものに
フォーカスを当てていくことが大事になります

 

勘違いしてほしくないのは「原因の特定が大変だから治らない」というわけではないという事です。
そこを特定して症状を改善させるのが私たちの仕事ですからね!

 

 

※上記のヘルニアや狭窄症などは「特異的腰痛」と呼ばれCT,レントゲン、MRI検査などの画像診断や診察で原因の特定できたものになります

 

非特異的腰痛

主に不良姿勢によるものが多いと考えています。

腰痛を訴える人は猫背やデスクワークでの前かがみの姿勢や逆に腰が反りすぎてしまう反り腰など人それぞれのクセがあるはずです。

なぜ自分がその姿勢をとってしまうのかを知ることが自分の腰痛の原因を知る一歩になります。

原因がわかれば治療が進み腰痛の症状は改善されていくでしょう。

 

数多くの原因の中でも私が原因として多いと感じるのは“骨盤の傾き”です。

身体の硬さや筋力の低下により骨盤を支えている筋肉のアンバランスが生まれ、正しい位置での姿勢が取れなくなってしまいます。

同時に股関節の動きが悪くなり腰への負担が増え痛みに変わってしまうケースが多いと感じます。

反り腰、猫背など状態によってストレッチやトレーニングが逆効果になる場合があるのでご自身でストレッチなどをする場合は注意が必要です。

今回はそれぞれの姿勢にあったストレッチを紹介していきます!

 

 

猫背の方におススメのストレッチ

まず1つ目は

  • 椅子に座ってバンザイの姿勢をとります
  • その姿勢のまま肘を曲げながら腕を下げていきます

この時、肘をやや背中側に引いていくことが大事です!

背中の筋肉を使っている感じがすれば正解です

回数は10回3セットを一日の中でやるようにしてください

 

二つ目は太ももの裏ハムストリングスを伸ばすストレッチです

  • 床に座ってあぐらの姿勢をとります
  • 次に伸ばしたい方の足をまっすぐしてください
  • 足を伸ばしたら伸ばした方向に身体を倒します
  • 筋肉が伸ばされている感じがするところで深呼吸をしながら20~30秒姿勢をキープします

この時痛いのに無理やり伸ばそうとするのは逆効果になるとがありますので注意してください

回数は20~30秒を3回、両足やってください!

 

反り腰の方におススメのストレッチ

 

まず1つ目は

  • 立った姿勢から片方の足を後ろに引きます
  • 背筋が曲がらないように前の膝を曲げながら腰を落とします
  • そのまま10~20秒キープしてください

この時後ろに引いた足の付け根が伸びていることを意識してください!

これは腸腰筋という筋肉のストレッチになります。

腸腰筋とは腰にとってとても大切な筋肉なのですが硬くなってきてしまうと反り腰の原因となってしまいます

 

2つ目はストレッチ…ではなくてトレーニングになります!

  • 仰向けになって寝ます
  • 両足を上げて膝を90度に曲げてください
  • その姿勢を30秒キープします
  • これを3~5セットやります。最初は3セットからでも大丈夫です!

まとめ

今回のストレッチ紹介はいかがだったでしょうか?
少しでも腰痛で悩んでいる皆様のお力になれていれば幸いです!
当院では紹介したストレッチはもちろんほかのストレッチやトレーニングさらにマッサージなどご希望に合わせて幅広く対応できますので腰痛でお困りの方は是非ご来院下さい!


Body Care Lab 谷津整骨院
〒275-0026
千葉県習志野市谷津4‐7‐28
047-409-0611

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1